0

第93回派遣報告
団長:         渡辺 大郎
団員: 歯科医師 平山 仙哉 岡崎 文彦
渡邊 峰夫 鷹津 冬良
川越 亮利
歯科衛生士 山本 春江 佐藤 みどり
その他 三木 亜紀

 
活動年月日 2015年7月20日 2015年7月21日
活動場所(施設名等) TRUNG TÂM ĐIỀU DƯỠNG THƯƠNG BINH VÀ NGƯỜI CÓ CÔNG LONG ĐẤT  
午前の部 午後の部 午前の部 午後の部
時刻 開始 9時00分 13時30分 9時00分
    終了 11時50分 16時15分 11時55分
派遣団員内訳
歯科医師 6 6人
歯科衛生士 2人 2人
その他 1人 1人
 子どもたちとの交流        
検診人数 123人 53人 128人
処置した人数 67人 32人 75人
処置内容
抜歯 36歯 16歯 80歯
サホライド  55歯 44歯  36歯   
充填 26歯 10歯 19歯
シーラント
感根処、抜髄等、生切 1歯
フッ素塗布    
歯石除去  


派遣報告
 団長 渡辺 大郎
今回も御縁があって参加させていただきました。
JAVDOの活動に参加して10年の歳月がたちました。今回で13回目の参加でした。
そして初の団長としての参加となりました。

今回はホーチミンからバスで二時間くらいのところにある、TRUNG TÂM ĐIỀU DƯỠNG THƯƠNG BINH VÀ NGƯỜI CÓ CÔNG LONG ĐẤT という施設での活動でした。

通常、子供の患者が多いのですが、今回は成人患者が予想以上に多く、また成人患者の口腔内もC3,C4といった抜歯にいたる主訴よりも、咬耗やWSDなどの欠損修復や知覚過敏処置が多く、患者一人ひとりに時間が比較的必要なケースが散見されました。
我々のチームはポータブルユニットを一台しか持っておらず、複数台用意していればもっと効率的に運営できたのではという反省があります。

また抜歯などの外科処置でも成人患者が多い為、埋伏抜歯などの難症例の割合が非常に多く、口腔外科の現役およびOBが三人もいたにも関わらず、患者の行列を慢性的に作ってしまいました。外科チームにもポータブルユニットがあると更に効率的な運営ができたかもしれません。

子供の口腔内も以前のように、ほぼC3,C4という子供は少数派になり、参加するたびに違う施設で診療しているので単純に比較はできないとは思いますが、ベトナムの子どもの口腔内環境は少しずつ良くなっているようでした。
近年はホーチミン近辺では、処置もあまり必要としていない患者も増加傾向にありましたが、今回のようにホーチミンから離れた田舎に行くと、まだまだ口腔内の環境は良くなく、処置が必要なケースが多いようです。

今回も諸先生方、スタッフに助けていただき、なんとか無事に終了できました。
一緒に参加された皆様と参加に際して協力していただいた方々に心から謝意を捧げます。


 



特定非営利活動法人 日本歯科ボランティア機構