0

第109回派遣報告
団 長:        上田 耕平
団 員: 歯科医師 栂安 秀樹 森  康仙
山岡 義孝 河村 能正
江戸 馨一 水藤 雅彦
    葉  清貴   塚本 靖子  
幾島 章仁 林  雅輝
山本 一真 辻  将
陣内 絢香 唐澤 麗郁
      高橋 一彰   高橋 東吾  
      高橋 夏実   田外 智洋  
      生野啓一郎   木下佳都栄  
      古庄 孝史   小島健太郎  
      辻  優人   松岡晃太朗  
      藤井 彩貴   猿田 浩規  
      高田久留美      
             
    歯科衛生士 東  清美   松山 幸代  
      三上  愛   畑 桃子  
      北山まなみ   川村友梨恵  
      藤倉 菜月   長内 涼華  
      岩瀬 美咲   湯浅みさと  
      野上 萌夏   山田 博子  
             
    看護師 谷定 祐加   岩尾あかね  
             
    その他 三澤 信也   葉 亜蓮  
    衛生士学生 佐々木 綾      
             

 


 
活動年月日 30年 10月 6日 30年 10 月 7 日
活動場所(施設名等) ソンラー省モッチョウ地区 ソンラー省モッチョウ地区
時刻(開始~終了) 13時~18時 7時30分~11時30分
派遣団員内訳
歯科医師 28人 28人
歯科衛生士 12人 12人
その他 5人 5人
子供たちとの交流 282人 467人
診察人数 282人 467人
処置した人数 279人 460人
処置内容
抜歯 134人 263人
サホライド 202歯 44歯
充填(セメント・CR) 220歯 181歯
感根処、抜髄等、生切 3歯 7歯
シーラント 0歯 0歯
フッ素塗布 133人 296人
ブラッシング指導 6人 25人
歯石除去 11人 10人
口腔内清掃・ブラッシング 0人 0人

第109回 派遣団報告
団長 上田耕平
 今年は、初めて活動するソンラー省モッチョウでの活動になりました。スンラ省はハノイからバスで5時間弱の地域で、お茶の名産地でも有名なところです。
今年もハノイから離れている地域ということもあり、子供たちの口腔状態は乳歯のC4が目立ち抜歯症例が多かったように思います。
ただ、そのような状況でもハノイチームのスローガンである「永久歯の保存」を目標に保存班を2チーム編成し、治療にあたりました。
今年は、診察する患者数も当初の予定では900名と例年よりも多い患者数でしたので、出発前に団員と治療の流れや担当する班の確認を徹底しました。
また、今回は歯科医師を含め45名の参加者が集まったこともあり「外科班」「保存班」を合計4チーム編成でき治療自体もとてもスムーズに行うことができました。他にも「DH班」「器具消毒班」を編成しそれぞれが自分の持ち場でしっかり仕事をしてくれました。
 今回もロイさん・ランさんご夫婦はじめたくさんの通訳スタッフ、現地コーディネーター、診療させていただいた学校の教職員の皆さんに大変お世話になりました。
今年も大きな事故なく活動を終えられたことに対して皆さんに感謝します。

初めてボランティアに参加して
医療法人大伸会  陣内 絢香
 ボランティアに興味があってもなかなか今まで行動を起こすことができませんでした。しかし、このような機会を与えていただき思い切って参加してみてよかったです。参加してみたら日本で働くものとはまた違ったやりがいがありました。今回私が行った治療が果たしてベトナムの方々のためになったのか疑問も湧き出たりしました。しかし、このボランティアに参加しなければ歯科治療を満足に受けることの出来ない方々に目を向けることすら、考えることすらもなかったので参加した意義はあったのだと思っています。
 私はまだ歯科医師歴も浅く十分な治療が出来ず諸先輩方にたくさん指導していただきました。ボランティアをしに行って役に立つどころか教えていただくばかりで本当に感謝しかないです。
 そして、全く環境が整っていない場所で治療をするということはたくさんの方々の働きで成り立っていることも身をもって知りました。私自身、治療に参加するばかりで、治療をするための器具をこまめに洗ってくださったり足りない材料を持ってきていただいたり、通訳の方が子供たちに声掛けして治療が怖くないよう励まして下さったり、その他にも見えないところで沢山の方が動いて下さりスムーズに治療ができたのだと思っています。上田団長はじめ、すべての先生方、衛生士の方、アシストしてくださった方、通訳の方すべてに本当に感謝です。役に立ちたいという気持ちで参加したボランティアでしたが沢山学び考えさせられることのほうが多かったです。貴重な経験をさせてい頂き本当にありがとうございます!

 
ベトナムボランティアに参加して
つがやす歯科医院  辻 優人
 私は今回初めてベトナムでのボランティアに参加させていただきました。大学在学中から海外でのボランティアには興味があり色々な先生方に話を聞いていましたが、当時は海外でのボランティアは日本で歯科の経験を十分に積んでから行くものだと勝手に思い込んでいました。しかし、今回栂安先生から「ベトナムでボランティアをするから行きたい人はいるか?」とお話をいただき、技術に関してはまだまだ未熟ですがこのような機会はなかなか無いと思い、迷わず参加の希望をしました。ボランティア当日までの間は当日のスケジュール表などを見て現地での移動時間の長さ、睡眠時間の短さなど自分が思っていたものより過酷なもので、自分は周りに付いていけるのかと不安になる日々でした。
 そして、10月になり帯広からベトナムまで飛行機を乗り継いで向かいました。ハノイに着いてからは、現地の気候、道路のバイクの多さなど日本との違いに驚きました。
 ボランティアは二日目からで、ホテルから片道5~6時間かけて現地へ向かいました。道中、バスの故障などハプニングがありましたが、無事に現地にたどり着き診療が開始。初日は外科班に配属され主に抜歯(乳歯)を行いました。診療が始まってからは乳歯の残根・カリエスの多さなど驚きの連続でしたが、驚いている暇も無く次々と子どもたちが自分の元へ来ました。経験したことがない乳歯の残根抜歯。色々と本当に考えさせられました。
 三日目は前日とは違い保存班に配属されました。日本とは違う大きさの乳歯・第一大臼歯のカリエスを除去し充填することを無我夢中で行いました。
 ボランティア終了後、今回の活動を通して自分が行った乳歯の抜歯など子どもたちのためになっているのか疑問に思いました。乳歯抜歯や歯髄に近接しているようなカリエスの治療など、後日経過を見れないような中での診療。そんな中でも現地の方々は自分たちのボランティア活動に感謝してくださいました。すべての子どもたちにとって最善の選択が出来たのかどうか悩みましたが、そのような現地の方々の姿を目の当たりにし、今回の活動に参加できて良かったと思えました。活動を通して色々な悩みがありましたが、参加する前まで自分の中にあった海外ボランティアを行いたいという気持ちは変わっていないので、今回のような機会があればまた参加したいと思っています。そのときには今回のような悩みが少しでも小さくなるよう日々研鑽していきたいと思います。
最後になりますが、団長の上田先生をはじめとした団員の方々、通訳の方々、ボランティアを受け入れてくださいました現地関係者の方々すべてに深く感謝いたします。本当にありがとうございました。
を送った方が実際には役に立つかもしれない」とも。それでもこの活動が好きでやりがいを感じているからこれから先も続けていくという話を聞いて、かっこいいなと思いました。僕個人としては、自己満足よりも自分の未熟さをより自覚することの方が多かったですが、こういった活動にまた参加したいと思いました。
 治療以外では、初めて来たベトナムということで大いに楽しませてもらいました。見るものすべてが新鮮に感じられて、バスから見える景色にわくわくしました。幸い食事が合わないということもなく、フォーをはじめとしてベトナム料理を堪能することが出来ました。各地の歯科医院から来ているスタッフさんともいろいろな話が出来てとても面白かったですし、こういった普通ならなかったであろう繋がりを大切にしたいと思います。
 すごくいい経験だったと思うだけでなく、次はもっとこうしたいと考えている自分がいます。次がいつになるかはまだわかりませんが、そのときに十分な「自己満足」がえられるように努力を続けていきたいと思いました。最後になりますが、お世話になったスタッフさん、通訳さん、現地の関係者の方々に深く感謝いたします。



 
ベトナムでのボランティア活動を終えて
つがやす歯科医院 藤井 彩貴
 今回初めてJAVDOのボランティア活動に参加させていただきました。
はじめはベトナムの環境についていけるのか、英語も通じるのか分からない状況で現地の子供たちと意思疎通が図れるのかなどの緊張や不安の方が勝っていましたが、団長をはじめチームの皆さんのご協力もあり、無事に2日間の診療を終えることができました。
限られた設備や時間の中で行う治療は妥協しなくてはならない場面もありましたし、子供達にとって最善の治療を選択できたのかという悩みもありました。初めて歯科治療を受ける子供が多く、中には泣かせてしまった子もいました。
この2日間は自分の未熟さを痛感する時間でしたが、それと同時にやりがいを感じることができた時間でもあったと思います。いざ子供達を目の前にした時、自分の不安を顔に出さずに笑顔で接することができたと思いますし、言葉は通じなくとも身振り手振りでなんとか意思疎通ができた場面もあったと思います。治療終了後に笑顔で手を振ってくれた子もいて、自分でも子供を笑顔にすることができたとやりがいを感じることができました。
今回の活動を通して得たもの、学んだことを今後の診療に活かしていきたいと思っております。このような貴重な経験をさせていただき、心より感謝しております。
最後に、団長の上田先生をはじめ参加されたスタッフさん、通訳さん、並びに多くの関係者の方々には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。JAVDOの活動がより一層発展していくことを心より願っております。

 

ベトナムボランティアの活動を終えて
つがやす歯科医院 歯科衛生士 長内涼華
 今回ベトナムボランティアに初めての参加させていただきました。元々海外での歯科衛生士の活動や発展途上国の医療、環境問題に興味があったので自分が現地の子どもたちに些細な事でも何か出来ればと思い、ボランティアに臨みました。
海外に初めて行くということもあり、言葉が通じない場所で、本当に私で大丈夫かなという不安な気持ちや、この活動を通してどんな学び、出会いがあるかといったわくわくした気持ちがありました。
現地の子どもたちの口腔内は多発性のう蝕が多く、自分が考えていたよりも十分な治療を受けられていないことなど深刻な問題だということに改めて気づかされ、目の前の子どもたちに自分なりにしっかりと向き合い活動を行いました。
治療を終えた後の子どもたちが笑顔でありがとうと言ってくれたときはとても嬉しく思いました。同時に、ここでボランティア活動に参加することができてとても良かったと思いました。
今回の活動で改めて予防の大切さを感じ、歯科衛生士として予防処置、保健指導をしっかり行って行きたいと感じました。
他に参加されていた歯科医師の先生方々、歯科衛生士の方々の技術はもちろんのこと、1人1人の向き合う姿勢や、考え、思いには感銘を受け、たくさんのことを学ばせていただきました。
今後も歯科衛生士として歯科治療を通して少しでも多くの人を笑顔に出来るよう努めて行きたいです。
今回ボランティア活動に参加できて本当に良かったです。また来年も参加したいです。
そして、一緒に参加された歯科医師の先生方々、歯科衛生士の方々、通訳の方々、現地の子どもたちに出会えたことに深く感謝いたします。5日間本当にありがとうございました。


ベトナムボランティアを終えて
つがやす歯科医院 歯科衛生士 藤倉菜月
 私は今回初めてJAVDOのベトナムボランティアに参加させていただきました。
つがやす歯科に就職してからこのボランティア活動の存在を知り、ずっと参加してみたいと強く思っていた為、今回参加させていただきたくさんの貴重な経験を積むことができました。本当にありがとうございます。また何も分からない私に指導していただいた上田団長をはじめ、多くの日本人スタッフ、現地のスタッフの方々に心から感謝申し上げます。
ベトナムに行くのは初めてでしたが、気温やバイクの交通量をはじめ、日本との環境の違い・現地の子どもの多さに圧倒されました。そして口腔内をみて、う蝕歯や保存不可能な歯の多さに驚きショックを受けました。
ボランティア活動を行った2日間は、少しでも緊張や不安を抱えながら診療を受けに来てくれた子どもたちに安心を与えられよう笑顔を心がけ、声がけを行いました。もっと英語やベトナム語を予習してから行けばよかったと後悔しています。子どもたちの反応は様々で泣き叫ぶ子を見るのは苦しく辛かったですが、最後は笑顔で「バイバイ」と手を振ってくれた時は本当に嬉しく、自分の活動が少しでも子どもたちの為になったなら良かった、ボランティアに参加して良かったと心から思いました。そして自分の生まれ育った日本がどれだけ環境や設備が整っていて恵まれた場所なのかを痛感しました。
ボランティア活動を通して貴重な経験を出来たことに感謝し、これからの日々の歯科衛生士としての仕事を寄り一層頑張っていきたいです。ありがとうございました。



特定非営利活動法人 日本歯科ボランティア機構