0

第101回派遣報告
団長:       石本 耕二
団員: 歯科医師 藤岡 道治
菅野 絢子   
小宮 稚奈
歯科衛生士 山本 春江
その他 濱村 佳子
杉本 友美
現地サポート 沖本 麻貴

 
活動年月日 2016年11月4日 2016年11月5日
活動場所(施設名等) Thuan An(トゥアンア)障害児教育センター
午前の部 午後の部 午前の部 午後の部
時刻 開始 9時30分 12時30分 9時10分
    終了 11時00分 15時30分 11時20分
派遣団員内訳
歯科医師 4人  4人
歯科衛生士 1人  1人
その他 2人  2人
子どもたちとの交流
検診人数 142人 67人 49人
処置した人数 60人  31人 22人
処置内容
抜歯 3歯  1歯  2歯
サホライド 152歯 78歯  152歯
充填 8歯  6歯 2歯
ブラッシング指導 6人 1人  9人
フッ素塗布 2人 3人 
歯石除去 4人  2人  10人
     


第101回派遣報告
団長  石本 耕二
今回の活動場所は、前年度と同じ所で、2度目の訪問だ。今年9月の団もここで活動している。
Binh Duong(ビンズン)省は、ホーチミン市に隣接し、ベッドタウンとして開発されつつある場所である。
ホテルから約50分で、トゥアンア障害児教育センターに到着する。HASPDOにあった、診療台・レントゲン撮影機・滅菌器等が、藤岡理事長・トミー先生及び関係各位の尽力で当センターの一室にクーラーとともに設置されている。そこでは、今年の9月から毎週金曜日に近隣のベトナム歯科医のフン先生がボランティアで診療している。

4日間ほとんど太陽を拝むことがなかった涼しいベトナムのおかげで快適に活動できた。昨年来ているため団員も要領がわかっているのでスムーズに進行した。
診療台が使えること、現地で診療して下さるドクターがいらっしゃるということで、処置も無理の無い範囲にとどめ、除石・ブラッシング・サホライド塗布等が主な処置となった。4、5歳の乳歯列から、10歳位までの混合歯列期の齲蝕は多く見られた。380人中200人が宿舎に居住する聴覚障害者ということで、親のサポートを受けられない子どもの齲蝕が多いのではないかと思われる。今後、このセンターを中心に派遣活動をする予定なので、10歳までの子どもたちの齲蝕予防のシステムを構築すべきだと思う。

今回もお世話になりましたトミー先生ありがとうございます。
沖元さん、ニエ君いつもサポートありがとうございます。
団員の皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございます。
来年また会いましょう。



 


特定非営利活動法人 日本歯科ボランティア機構